銀行のカードローン

HOME

銀行のカードローンと消費者金融のキャッシングとの違い

銀行のカードローンと消費者金融のキャッシングとの違いは様々あります。

まず、銀行のカードローンは銀行法の規定のもとで展開されているのに対し、消費者金融のキャッシングは貸金業法の規定のもとで展開されており、業務を行うにあたって従わなければならない法律が違います。したがって、貸金業法の中で規定されている総量規制の仕組みは、銀行のカードローンには適用されません。ただし、総量規制の対象外である金融機関からお金を借りる場合であっても、希望の借入額があまりに多額である場合は、貸金業者からお金を借りる場合と同様に収入証明書類が必要となるので注意が必要です。

金利に関しては、銀行の多くは15%前後で、貸金業者の多くは利息制限法の上限に近い18%前後になっています。数字だけを見ると貸金業者は不利ですが、貸金業者の多くは不定期に利用開始から一定期間分だけ無利息にするキャンペーンが行われていることがあるので、絶対的に不利であるとはいえません。
かつては利便性や審査の通過しやすさの面では消費者金融の方が有利でしたが、コンピューターの性能向上による審査業務の省力化やインターネット等の通信インフラの整備などによって、これらの面で金融機関と貸金業者の間の差はほとんどなくなってきています。
 

一般的な審査の内容

銀行のカードローンを利用するためには審査に通過しなければなりません。その審査申し込み方法は、通信インフラの整備が進んだ現代では多様化しています。かつては、申込書を請求して必要事項を記入して送り返す方法、電話で口頭で申し込む方法、店頭に出向いて申し込む方法のどれかを用いるのが主流でした。しかし、現代ではこれらに加えて、自動契約機からの申し込みや、インターネット上に設けられている専用ページからの申し込みも出来るようになっています。ただし、どのような手段を用いたとしても、申し込み時には借入希望者の氏名や住所、連絡先などといった個人的な情報や、職業や勤務先、年収などといった勤務状況と収入に関する情報、希望借入額などを提供することになる点は変わりありません。
銀行のカードローンの一般的な審査は、この提供された内容をもとに行われます。審査は、スコアリングシステムと呼ばれるものを用いて機械的に行われています。このシステムでは申込者の年齢や家族構成、自宅の居住状況、勤務先での勤務状況、過去の信用情報などがある計算方法によって点数化されます。そして算出された点数が一定の基準に達していれば申込者は審査を通過し、契約手続きに進むことができます。このスコアリングシステムの導入により、銀行のカードローンの審査は人間の主観が入る余地がほとんどなく、迅速に行うことができるようになっています。

消費者金融のキャッシングについてはこちら!

→ キャッシングの審査基準

PAGE TOP